鶴屋について

創業一六三九年の伝統と
常に新しいことへの挑戦。
鶴屋はこれからも家業としての
美味しいお菓子づくりに
精進いたします。

寛永十六年(西暦一六三九年)
徳川三代将軍家光公の治世の下、
「鶴屋」は佐賀三十六万石の城下町に創業しました。
初代善右衛門が、佐賀藩城主鍋島公より
御用御菓子司を仰せつかり、以来三七九年
その暖簾を現在に至るまで守り続けています。
天和年間には二代目太兵衛が
長崎の出島で南蛮渡来の製法を学び
佐賀に持ち帰ったとされており
佐賀出身の明治の元勲、大隈重信侯が
愛したという逸話も残る佐賀県を代表する
銘菓「丸房露」の元祖でもあります。
鶴屋は、南蛮菓子の老舗として
代々続く家業を守りながら、
時代の変化に合わせ新たに挑戦を続けていく
温故知新の菓子作りに
今後も精進いたす所存でございます。

鶴屋菓子舗のあゆみ

寛永16年
(西暦1639年)
初代 善右衛門が創業、佐賀藩より御用御菓子司を仰せつかる。
天和年間 二代目 太兵衛が「丸房露」を長崎の出島でオランダ人より学び佐賀に持ち帰る。
文化7年 七代目 文右衛門の時代白山町より八丁馬場(現在の西魚町)へ移転する。
安政4年 九代目 伊兵衛の時代佐賀藩の斡旋・許可を得て俵屋と合流(合併)する。
その際、屋号は鶴屋とし、店の印は俵屋の小槌の印を継承する。
明治29年 十一代目善吉の時代、大隈重信侯が、亡母一周忌の法要の為の帰郷の折、
当店に立ち寄られた際に、茶菓として丸房露を召し上がられる。
その後、東京・早稲田の同侯邸に招かれ丸房露を製造した。
大正15年 宮内省より御菓子御用達を命ぜられ、特種紅白御紋菓を製造した。
その間納入完了まで6ヶ月に及ぶ。
昭和25年 12代目 五三、法人設立
平成元年 14代目 光昌、就任(現当主)
本店改装

会社概要

会社名 合資会社 鶴屋菓子舗
屋号 御菓子司 鶴屋
所在地 佐賀県佐賀市西魚町一番地
代表者 鶴屋十四代 堤 光昌
創業 1639年(寛永十六年)
事業内容 菓子製造販売
店舗 本店・佐賀駅店