じゃーご

蓮池の在郷(じゃーご)辺から
糊つけ着物に 小倉の帯しめ
願正寺参りさす時ゃ
ちょうどさいば藁人形〜
〈蓮の池節〉

じゃーごとは、佐賀地方の方言で『田舎』という意味です。
鶴屋では素朴で情緒溢れる方言を銘菓にと、
一文字焼の皮に最上のこし餡くるんで誕生したのが、
銘菓「じゃーご」です。
小豆の風味がよく生かされています。
何卒ご賞味下さい。